2010年5月15日土曜日

新生活&日本タイポグラフィー年鑑展 / New Life & Applied Typography 20 Exhibit



かーなりブログ更新するのが遅れちゃいましたが、なんとか元気でやっております。とりあえず現在は東京のデザイン制作会社に就職できたので、東京でバタバタと暮らしているよ。だからこっちの人はヨロシクね。そして名古屋っ子は遊びに来た時は飲みにでも行こう!(時間があればだけど…笑)

I couldn't post this blog such a long time... Sorry about delay, however, I'm having good new life here in Tokyo.
I've been working at design company since April 1st, and trying to learn lots of new things. Because of I had heaps of free time when I was a university student, (I mean last year) it was bit hard that I had to work all day sitting on a same place. But, of course getting used to it, just worrying about my backache. haha.
So, if you are living in Tokyo, "Hello!" let's hang out, or let's collaborate create something. If you are living in Nagoya, please let me know when you come to Tokyo.


最近は色んな繋がりというか、面白い出会いが沢山あった。Wieden+Kennedyの方と話す機会があったり、ブラジルのTVクルーの東京取材の手伝いをしたり、それと出版社の方やライターさんとも偶然出会って飲みに行ったり。いやー東京はやっぱりメディアが生まれる場所なんだなと、当たり前の事を思ったりしてる。こっちの電車は苦手だけど、本屋では洋書が揃ってる上に深夜までやってたり、隠れ家的なカフェはホントに沢山隠れているし、おもろい展示もどこかでやってるし、街に飽きる事は無さそ。貧乏だから行けるかどうかは別問題だけど。

Recently, I was able to meet lots of cool new people in Tokyo and chatted with them about design and other creative things. I even had opportunity to talk with Wieden+Kennedy staff, and what they said really opened my eyes. I love their creative a lot, so it was big issue for my entire life. And I also met and hung out with some editors, writers, and Brazilian TV crews. Now I can tell that Tokyo is the center of Japanese media. From creator's point of view, this is seriously exciting place to live. (Even though I really hated crowded trains...) Intimate little coffee shops and nice small galleries are also good point to live here.

さてさて、唐突ですがここでお知らせ。以前も書いた、日本タイポグラフィー年鑑の学生部門に入った事で、現在神保町にある「竹尾見本帖本店2F」でなにやらオレの作品も展示してもらえているそうな。ちなみに以前書いたの記事と作品はこちらから [Link] 恥ずかしながらここの竹尾にはまだ行った事無いんだけど、良い場所のようなので展示してもらえて嬉しい!大賞作品とかめちゃ気になるし行きたいんだけど、でも展示は土日が休みだから、ちょっと行けるか微妙です…泣

期間は2010年5月10日(月)~5月20日(木)で、その後行われる「ニューヨークタイプディレクターズクラブ展」とセットでの開催だそう。時間ある人や近い人はぜひ覗いて行っておくれ。日本タイポグラフィー協会のウェブはこちら [Link] 詳細は以下に貼っておきました。

--------------------

前半 『2010 日本タイポグラフィ年鑑作品展』
会 期:2010年5月10日(月)~5月20日(木)

後半 『第56回 ニューヨークタイプディレクターズクラブ展』
会 期: 2010年5月24日(月)~6月4日(金)

時 間: 10:00~19:00 土日祝休
    ※6月4日(金)は17時まで
    ※5月21日(金)は展示替えのため終日休店

場 所:株式会社竹尾 見本帖本店2F
    〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-18-3
    Tel. 03-3292-3669 Fax. 03-3292-3668(セミナー申込)
    mihon@takeo.co.jp
H P: www.takeo.co.jp

主催:NPO法人日本タイポグラフィ協会
   ニューヨークタイプディレクターズクラブ
後援:株式会社竹尾

By the way, I have small news. Because of some of my works are selected by Applied Typography 20 competition, two of my works are at the gallery right now. Here is the old post about that competition and selected works. [Link] It is held at second floor of paper shop called Takeo, located at Jimbocho. Here is the map [Link] It is started from May 10th to 20th, open from 10am till 7pm, unfortunately it is closed Sat, Sun, and holidays. If you have plan to visit Jimbocho, please stop by.

--------------------



ちなみに上の画像は今回の展示とは関係無いんだけど、最近デザイナーかぶれになろうと奮発して買ったMoleskinのノートに描いてるイラスト。滅多に方眼紙に絵は描いて無かったけど、いい味出て気に入ってる。コレはちょくちょく実験しつつアップします。
それではまた!Cheers!

By the way, I bought Moleskin notebook, and started drawing again. I was not really interested in Moleskin since it's quite expensive, but well, now I love it. I love the feel of it. I will experiment, and upload it sometimes. Well, that's all for today, see you soon, ciao!

0 件のコメント:

コメントを投稿