2010年12月27日月曜日

クリスマスカード / Christmas Card


あいかわらずやる事たくさんで忙し。日曜なのに、朝の4時なのに今日も会社にいるっていうダメな状況。カップラーメン、ブラックコーヒー、一番辛いミンティアという、制作業界の三種の神器は手に入れたものの、仕事は進まんなぁ。(泣)

そんななかブログを書いてる場合じゃないかもだけど、せっかくクリスマスカード(というか薄いのでちっちゃいポスター?)なるものを作ったので、まだこの話題がギリギリセーフなうちにアップしておきます!(笑)今回はこのレトロ印刷がどーしても使いたかったというのが理由なんだけど、なかなか気に入るものができたよ。蛍光色ピンクに白という、普段使えない特色系の色をクラフト紙に刷ってもらいました。白は一度刷りじゃちょっと薄い感じもあるけど、それはそれでいい感じかな。

ちなみに書いてある英文はかなりヒドイジョークをEmilyと考えて書いてみたよ。「I have a "BIG" present. Not for good boys, but for hot chicks! Clean your chimney, cos Santa Clause is comin' tonight!」…という文章で、読んだ感じそんな変じゃなさそう(?)だけど、実は結構ヒドイ下ネタかな…。内容は想像にお任せしまーす。笑

年賀状も、ちょっと出すのは遅れちゃいそうだけどレトロ印刷で発注したので、欲しい人はぜひ年賀状交換しましょ。メールしておくれ!

Hey, how's every body doing this holiday season? I'm still keeping busy as honeybee, but, without honey. haha, hope my joke is working for native English speakers. I'm still working in front of computer today, at my office. and now is 4am, can you believe that? I became such a Japanese saraly-man! (which I don't like.) Anyway, today's post is about Christmas Card! This time I wanted to use cool printing company, called Retro Print Jam, so I decided to order Chrismas Card! Even though I've never made one. haha

I'm not quite sure how to call this printing technique. It looks like a silkscreen printing, but seems like it can do more details. Since I'm able to pick special colors, such as fluorescence colors and white, I pick both of them. English sentence is pretty dirty, probably as dirty as Southpark, but hope you like that joke, here is the line: "I have a "BIG" present. Not for good boys, but for hot chicks! Clean your chimney, cos Santa Clause is comin' tonight!" I still have some, so if you met me, I wanna give you one! Hope you like the design!




ちなみにこの下が今回のスケッチ。手書きの作業や、それをPhotoshopでまとめてく作業はマジ楽しい。こんな感じの仕事来ないかなぁ。(笑)ちなみに今年のクリスマスは結局仕事で会社に夜中までいたけど、でもそれから友達とサザエさんみたいな人がいるバー行ったり、ここぞとばかりに値上げしてたケンタッキーのチキン、それにメキシコ料理を食べたりなんかして、とてもまったり過ごせました。

Here are some typeface sketches for this project. I simply love drawing faces and place them using photoshop. Recently I'm getting sick of Illustrator, it was pleasure time! All rigfht, that's it for today. Have a good holidays! Cheers!




2010年11月29日月曜日

スライドショーイベント / Dyaporama - Art Slideshow Event



相変わらず忙しいです。でも最近はおもろいことも増えてきた!また色々書きますよー。

今日は「Dyaporama」というイベントの話。前ワークショプとか受けに行ったグラフィックデザインのイベント、Graphic Passportのアフターパーティーで仲良くなったフランス人のおもろいデザイナー、Alexandreが誘ってくれて、彼のやってるデザイン&アートのスライドショーイベントに出品することになったよ。時間は今度の土曜、12月4日の8時からで、渋谷のLi-Poというところでやるらしい。

スライドショーイベントって書いてあるけど映像もあるみたいだし、飲んで色々見ながらあーだこーだとデザインの話して…。というのは最高の休日になるはずなので楽しみ!初めて行くからあんまわからんしそこまでオススメもできんけど、気になる人はぜひー。出品者見てるとなんか思ったより国際的な感じなのかも。今回のテーマは「BEHIND THE PATH OF MADNESS」らしいので、オレは昔作ってた、ちょっとキモ?系のものをいくつか出品するよ。ちょうど、ダークなものが色々見たい気分だったからいいタイミングかな。下は今回出品する画像から。

Hey, I'm still keeping busy, having Tokyo life at the same time. Today, I'm gonna talk about the event called "Dyaporama". I met cool French designer, Alexandre, at the after party of the Graphic Passport. And he invided me to contribute his design and art slideshow even, which will be held next Saturday night, December 4th at Shibuya Li-Po. This time, theme is "BEHIND THE PATH OF MADNESS" so I sent him some of my quirky, maybe bit disgusting works which I created few years ago. (and some new experimental worls as well.) Images below are some works for the show. If you are interested in, lets go and have some beer, and talk about artsy things. It will be cool weekend then ;P By the way, recently I re-started, using twitter. If you love me, (and if you are drop-dead gorgeous,) please follow me. haha




そういえば、今更twitter、ちゃんとつぶやき始めましたよー。でもあんまわからん。
絶対フォローするな!

あ、ちなみに以下がイベント詳細。(Invitationより)ではまたー


DYAPORAMA - ディアポラマ
コンテンポラリーな視覚芸術を紹介する、月に一度のスライドショー・イベント in 東京
第二回目のイベントです。お時間ご都合のよろしい方は、ぜひご参加ください。

12月4日(土)8時~
東京都渋谷区渋谷3-20-12 Sunx Prime Bld. 2階
1000円 (1ドリンク付き)

DYAPORAMA No.2 - 狂気の向こう側
第二回ディアポラマは、あなたを狂気の向こう側へと誘います。おぼろげな世界を探険しましょう。そこにあるのはミュータント達の住む予測のつかないテリトリー、プラスチックの 神、トクシックスーパーマン, 奇妙なテディーベアー, モンスタートラック, 老人のカンフーマスター、紙で作られた軍隊。
アーティスト達の心を通して、もう一つの近傍への道筋を垣間見る事ができるでしょう。

アーティスト: ナディム・アバス (香港), クエンティン・アルマンド (フランス), バン・シル (韓国), オリヴァー・カートライト (イングランド), カミヨ・ロレリー(フランス), ラファエル・チャペンチエー (フランス), チェン・ハンファン (中国), サミュエル・コッケディ (フランス), クロウド・クレピエ (フランス), オレリエン・ダルノ (フランス), ELSHOPO (フランス), マクス・エルバチェル (ドイツ), ディラン・フィッシャー (アメリカ), エミリオ・ゴマリス (スペイン), ハマダ・ユジ (日本), ニカ・ユンカル (ドイツ), フロー・ラガールド (フランス), ニン・ズオホン (中国), THE PIXELFUCKS (アメリカ), ジョアン・リーバ (フランス), アルノ・サボ (フランス), SEKI & DECOTORA (日本), タナカ・タケシ (日本), ワン・フエ (中国), WAYNE J.(オーストラリア), ユアン・チョンイン (中国).
キュレーター: アレクサンドロ・ウェリー (フランス)

お待ちしています。
ディアポラマチーム



DYAPORAMA is a monthly event promoting contemporary visual creation in Tokyo.
We are very happy to invite you to its second edition.

Join us to watch the slideshow at Li-Po,
on Saturday, December 8th from 8pm,
in Shibuya 3-20-12 Sunx Prime Bld. 2nd Floor.
entrance:1000¥ (with a drink)

DYAPORAMA No.2 - BEHIND THE PATH OF MADNESS
For this second issue we will bring you beyond the path of madness. We are going to explore blurry areas. Unforeseen territories populated by mutants, god of plastic, toxic superman, perverted teddy bears, monster trucks, old kung-fu masters and army of paper.
Through the mind of these artists leaks a trail to another vicinity.

with artworks by: Nadim Abbas (HK), Quentin Armand (FR), Bang Eun Kyum (KR), Oliver Cartwright (UK), Camille Laurelli (FR), Raphael Charpenti� (FR), Chen Hangfeng (CN), Samuel Cockedey (FR), Cl�de Coulpier (FR), Aurelien Darnaud (FR), Elshopo (FR), Max Erbacher (D), Dylan Fisher (US), Emilio Gomariz (SP), Hamada Yuji (JP), Nica Junker (D), Flore Lagarde (FR), Ning Zuohong (CN), The Pixelfucks (US), Johann Rivat (FR), Arnaud Sabot (FR), Seki & Decotora (JP), Tanaka Kenichi (JP), Wang Hui (CN), Wayne j.(AU), Yuan Chonying (CN).
curated by : Alexandre Ouairy (FR)

Hope to see you there,
DYAPORAMA'S TEAM



[Facebook / Dyaporama ]

2010年11月10日水曜日

onedotzero映像フェスティバル / Onedotzero





明日から4日間ロンドンの、BFI Southbankで行われる、巨大な映像フェスティバル「 onedotzero。」
今年は卒業制作、「JAPAN - The Strange Country」 が選んで頂けたので出品する事になりました…!
(賛否両論ある作品なので、音声字幕等変更後、今回はDisclaimerも付けたものが流れる予定。)

今年は日本からはWOWやW+K Tokyo Labのめちゃめちゃ凄い作品が選ばれた中、映像作家でもない僕のもなぜか入る事ができたというのはとても変な感じ。もちろん嬉しいけど。でも変な感じ。

でもお金無いし忙し過ぎて行けるわけないだろー、ロンドン。(泣)なので誰かぜひ近くに行った際は行ってみて下さいな…。(笑)これは一生に一回は行かなきゃ行けない、かなりヤバイフェスだと思う。この下のティザーとか、カッコ良すぎだわ。HifanaのHanabiも、マジでヤバイ!


onedotzero_adventures in motion 2010 screening programme teasers from onedotzero on Vimeo.



そんなこともあってwebも今リニューアルしました。(はやりのCMS使っちゃったし、まだ途中だけど…。)でも徹夜明けなのに家で徹夜作業なのは危険だー…。今週死んじゃいそうだな…。webはどんどん変化させて、リンクやら横の繋がりを生かせるようにする予定なので、また時間見計らって作ります!良ければ覗いてみて、感想やらくださいな。ではでは。

www.kenichi-design.com

------------------------------

This yer, my latest info-graphic work, "Japan - The Strange Country" is selected by
onedotzero film festival in London. And it"ll starts, TOMORROW! But, of course I'm not able to go there.... it's way to far, and too busy at this morment.... hmmm. It's Sad!

But, well, selected by onedotzero is such a big thing, and that makes me really happy already. It's so unbelievable that my thesis work will be presented with other big name design companies' works, such as W+K and Wow. It's such a great honor for me, as a designer ; )

And because of that, I re-created my new website (still in progress..) and because of that, having sleepless nights... haha
It's really simple one, created with CMS,but if you are interested in, please check out from the link below.

www.kenichi-design.com

2010年11月5日金曜日

オリジナルスタンプ / Rubber Stamp



最近発注してあった自分のスタンプが届きました!こいつはかわいいぞ!(笑)活版とまではいかないけれど、この四角い感じがなんとも言えない、いい「モノ感」持ってる。プラスチックの取手も選べたけど、木にして正解だったー。いいスポンジの台じゃないとなかなかベタ面がキレイに出ないけど、今はスキャンして加工もいろいろできるし、思ったより使えそう。下の袋が特にいい感じかな。

しかも上の面もレーザーで掘ってあったりして、こんなの見た事無いけど、それもまた良かった。2つで3000円しなかったから、かなり安いってのもいい。

(※TOMOEちゃん、君のために使ったお店のリンクも貼っておくヨ!オススメ。STOMACHACHEスタンプ欲しいから作ってくれ!http://www.junc.com/rubber/stamp.shtml)

最近は忙しくなってきたのに、自分で作りたいものも沢山出てきちゃった。もし1日が240時間だったら、なんとか予定通り生きれそうです。笑



Recently I ordered my personal logo stamp, and it came up pretty well! Ordering rubber stamp was first time for me, and it's so fun to use it! I could have chosen plastic handle, but I think choosing wood was better idea. I really love feels of it. It's bit tough to use, if I'm using cheap stamp pad, but works well with expensive stamp pad. haha.

It is also fun to scan and modify image using Photoshop. It allows me to change colors, and roughness is adjustable. Seems like it's a lot more useful than I thought. Upper side is also laser cut, and it looks nice as well! It's cheaper than I expected, (less than 3,000yen) so if you are loving-hand-made-artist living in Japan, and able to speak Japanese and looking for the company which makes original stamp, maybe this one is for you. http://www.junc.com/rubber/stamp.shtml I think I'll make another one sometime soon!



2010年10月21日木曜日

世界をカエル虫くん!プロモーションビデオ / Kaerumushi-kun's MV



仕事で「世界をカエル虫くん!」という超素敵キャラクターの映像制作を
お手伝いしました。キャラクターデザインは電通のAD、古谷萌さん、企画は汐留イノベーションスタジオ(SIS)、僕はアニメーション制作を担当しました。ぜひ見てくださいな。↓↓↓

I created this animated promotion video as a part of my job. It's all about the "Kaerumushi-kun" the world-changing frog like insect character, that always have positive mind. This cute character is designed by Moe Furiya, art director from Dentsu, and it's planned by Shiodome Innovation Studio (SIS). I was in charge of movie part, so I did it with After Effects. Please check out the movie below!



そして、素敵なことに、このカエル虫くんは、カワイイだけでなく本当に「世界を変えちゃうキャラクター」なんです。携帯からこのカエル虫くんのデコメをダウンロードすると、各NPO団体に1円が寄付されるシステム、「ぷちドネ」という、ハードルを低くした新しい寄付のカタチ。

現在はグリーンバードシブヤ大学スマイルシーズ農家のこせがれネットワークフローレンスが参加しています。(ダウンロードできるデコメもかなりカワイイのでオススメ。でもiPhoneだから使えなくて悲しい…。)

And cool point is, it's truly "world-changing" character. If you download the animated-gif character on your sell phone, 1 yen will be donated to related, popular NPO groups, which includes Shibuya University, Smile Seeds, REFARM, and Florence. Maybe some will be added in the future. (But unfortunately this service is only for Japanese cell phone users.)

今回、こんなしっかりしたキャラクターのアニメーションは初めてで、シンプルながらもめちゃめちゃ苦労しましたが、おかげでどうやったらキャラクターが生き生き動かせるのか、かなり勉強になりました。そしてかなり楽しかった仕事です。After Effectsがまた少し上達できたのも嬉しい。そして、小さいことながらも、こういったかたちで、デザインで社会貢献に関われて良かった。なのでカエル虫くん、人気になってくれるといいんだけどな。(笑)

For me, it was very first time to create this kind of character animation, so it was pretty hard to do. A lot more than I expected, and actually it took ages to publish! Haha. however it was good study for myself, learning how to move character will be useful skill, I guess. And another good point is that I was part of social action project. Even though it's small project, it means a lot for me as a designer ;)

ウェブサイトには「前向きクリック」ってコンテンツがあって、「超前向きすぎるだろ!」っていうカエル虫君のアニメがおもろいです。(笑)webは担当してませんが、こっちもかわいくて素敵なので、ぜひ行ってみておくれ。↓(下のバナーをクリック)

I also recommend this Kaerumushi-kun's website, please visit from the banner below. (Unfortunately it's all Japanese but hopefully you can find fun. Haha)



卒業制作の件もあり、いろいろなつながりからこの仕事ができたのはとてもラッキーで、たくさんの人にアイデア出しやら手伝ってもらいました。みんなありがとうー。(涙)そして古谷さん&小曽根さん&三浦ちゃん、仕事依頼してくれてありがとうございました。新人田中頑張ります…のでまた面白い話があればぜひ!(笑)

Over all, I need to thank my co-workers and friends, who helped me to get some new ideas, and it was cool to be requested to work on it. Especially thanks for Moe-san, Ozone-san, and Mayu-chan. I'll keep up myself, so please pick me again when you guys got another funny, or kick-ass project! ;)

------------------------------

[Song & Promotion Video Staff]
Illustration + Character Design 古谷萌(電通)

Animation 田中健一(たき工房)
作詞 仁藤安久(電通)/作曲 沖井剛(ARFOX)
[SIS Project Staff]
Director 武藤新二
Planner 江波戸康友
Planner + Copy Writer 仁藤安久・堤惠理
Art Director + Charactor Design 古谷萌
Supervisor 伊藤健二(慶應義塾大学)

©SHIODOME INNOVATION STUDIO


立体うんち君キャラクター / (Shitty) 3D Character





なぜだか夜中にへんなうんち君キャラを作ってしまった!(笑)
3Dソフト、まだまだながら要領がつかめてきた感じです。メガネがなかなかお気に入り。ファー付きバージョンも制作しました。(謎)

やりたい事も増えてきたので、これからは映像も含めてまだまだ実験しますー。
一番上のはかなり気にいったのでしばらくiPhoneの壁紙はこいつに決定。クリックしたら大きいのも出てくるから、ぜひみんなもパソコンの壁紙にしてくれ。(笑)

Last night, I was learning 3D software (C4D), and somehow I created these (shitty) characters, just for fun. haha. Probably I'm stupid enough. My favorite part is that thick frame glasses. and oh, this time, I experimented fur effect as well. Using 3D software is getting more fun and and feels like a lot more possibilities for both still graphic and mograph, so, I will experiment , and sometimes upload my works ; )

2010年10月19日火曜日

最近つくったもの / Recent Quick Works


お久しぶりです。就職してもう半年。大人になってスーツ姿も板についてきましたよ!
なーんて嘘です。着てません。

最近はそこまで自分の時間もとれないから、大きなプロジェクトは進めてないけど、新しいソフトやら、変なソフトなんか使って、タイポとかちょくちょく実験してますー。(なんとかTDCやタイポ年鑑は出しました!)ザラザラ感とか、ビットマップ、3Dソフト使わないとできないグラフィックが今は熱いかな。相変わらず制作は浮気性で、まとまり無いけど、どうかな?(笑)コメントおくれやすー。

Recently I'm working on small experimental works, mainly typography or/and exploration of new softwares. Since I got a new job, I haven't had enough free time to start personal design project, (I mean, serious one.) So, that's what I can do at this moment. These images are some result from my quick works. Enjoy! (And please leave your comment.)





キャラクター+シルエット系+ビットマップ系
Characters + Silhouette Experimentations + Bitmap Style







タイポ、シェイプ実験系
Exmperimental Typography + Experimental Shape Works





After Effectsの機能を使ったグラフィック系
Graphic Works with some After Effects functions





手書きモンスターイラスト
Hand drawn Monster illustration




Cinema 4D での実験制作
Experimental works with C4D

2010年8月25日水曜日

ブラジルのTVで紹介されました。/ Interviewed by Brazilian TV







5月くらいにインタビューを受けたブラジルのケーブルテレビ「Multishow」の映像がウェブにアップしてあったので貼っておきます!
ブラジルに住んでる友達から、ケンをテレビで見たよ!とメールが来てビックリ!7〜8月に流れるのは知ってたものの、まさか地球の裏側で自分が流れてるテレビを友達が偶然見るなんて…。まさにSmall World, そしてこれまたStrange、かな。笑

あーでも恥ずかしがってのニヤニヤしちゃってる自分の顔がちょっと嫌だな。
でも彼らはとても素敵で気さくなTVクルーで、この日はとても楽しかった。そして単純に面白そうだからといった理由ではなく、ちゃんとアイロニックな(Sarcasticな)問題点を伝えたいというポイントもわかった上で話を聞いてもらえて、とても良かったです。結構普通に飲み食いしながら話してた感じなのに、うまく編集してくれてるのが、また恥ずかしいような、不思議なような。でも嬉しいかな。
ブラジルの人からもいくつかメッセージが届いて、これまた今後に生かそうと思います。

でもKenishじゃなくてKenichiです!笑

[Urbano - Multishow]

------------------------------

(*English post will be available soon)

2010年8月5日木曜日

Cinnamon Chasers - Luv Deluxe Music Video



久びさにかなり「ヤバイ!」と思ったミュージックビデオ。これは、ハイになる。Cinamon Chasersというロンドンのエレクトロ系アーティストで、映像のクリエイターはSaman Keshavarzという人らしい。

目線で撮るこの手法も、リアリティーのあるザラザラ感もいい。なによりこの音楽からこのトリッピーな人生を描いたってのがスゴイ。編集力も、トランジションもマジうまい。やんちゃな内容だけどアメリカ行ってたからか現実味も結構あって、旅に出たくなる、血が騒ぐ映像。そんな気持ちのいい内容やエンディングじゃないけど、オレは最高に好き。そしてこの女の子、カワイイぞ。(笑)

似た手法だとNikeのTAKE IT TO THE NEXT LEVELのCMもかなり熱い。

Cinnamon Chasers [Homepage][Myspace]

------------------------------

This is pretty crazy, cool music video that I recently found. It makes me high without smoking pot. haha. Sound by
Cinamon ChasersSaman Keshavarz.

I just love the way he shot the film, and the grainy looking,hand-made like atmosphere. How he edited, and the way of transitions are also cool. I know those actor/actress are pretty bad-ass, but the film really makes me want to travel abroad! I love it. And that actress is hot. Really hot. haha.

By the way, Nike's old ad:
TAKE IT TO THE NEXT LEVEL is also really nice one. I wonder how they hold the camera on their head.

Cinnamon Chasers
[Homepage][Myspace]

2010年7月27日火曜日

25


あいかわらずずーっとバタバタしてます。いや、パタパタかな、どらかといえば。書きたいこと、シェアしたいこと、沢山あるけど、なかなかゆっくり家でパソコンに向かう時間ないわー。

かなり書くの今更になっちゃったけど、最近25歳になってしまいました。25って結構大人なイメージだったから、今は自分とその響きにギャップがある。よく言うあれだけど、最近はほんと時間が早い。なんで?子供のときはあんなに長くて1日でなんでもできた気がするのに。

写真は集めてる木製活版で25を作って撮ってみた。やっぱ木は味があっていい。


今年の誕生日は、仕事終わりに同期が会社でサプライズパーティーしてくれて(途中で気づいちゃったけど…)写真の巨大な海ほたるくん、もらっちゃいました。デカイ。(笑)このふにゃふにゃで適当な手の感じとか、かわいすぎ。(笑)夜中に帰ってきてこいつがいると、結構嬉しい。つい「ただいま」って言っちゃうサイズです。モサモサしてて暑くるしいいけど。

(勇樹読んでる?君には自慢しなくては。笑)


リボンもわざわざ作ってもらっちゃったから、それ使ってタイポ写真撮ってみた。ホント、みんなありがと。同期はほんとに気楽な仲間で、でもちゃんとライバルでいれて、今年入社できたのは本当にラッキーだよ。ずっと良い刺激を与え合える仲間でいたい。


あとLeo LeionniのFredrickくんも貰っちゃった。オレの描く絵みたいでカワイイぞ。コイツ。ちょっと誰かに似てバカそうだけど。(笑)男の一人暮らしなのに、最近はなぜか順調色んなキャラクターがどんどん増えてる。気になるキャラだったからAmazonで本買ってみたんだけど、意外な展開で面白かった。子供いる人は是非。

誕生日の夜は雨だったけど新宿で友達と会って、歩道橋から夜景見ながらSPARXで乾杯して、忘れられない幸せな25歳の誕生日になった。また1年、スイッチ入れなおして、一人前のデザイナーになれるように頑張ります。

-----------------------------

そんなこんなで、毎年考えてますが今年1年の目標。
ブログで宣言して、自分を追い込もうと思います。(笑)

1)潔くなる
やるときは本気でやる、やらない時は本気でやらない。
寝る時は本気で寝る。
遊ぶときは死ぬ気で遊ぶ。
好き、嫌い、多少失礼でも正直に自分の意見を言う。

2)アイデア出せるようにする。堅い頭をやわらかく。

3)3Dをしっかり自主勉強する(Cinema4D)、REEL作る。

4)英語やりなおす。ちゃんとビジネス英語も使えるようにする。本も読む。(ペーパーバッグ5冊)

5)スペイン語をしっかり始める。

6)シンセサイザー買う&練習する。
Ableton Liveを勉強する。(そして映像に使う)

7)運動する。(できるだけ走る)

-----------------------------
(*Sorry, English post will be available soon)

2010年7月4日日曜日

万華鏡 / Kaleidoscope















なぜかPhotoshopで万華鏡のように加工する技法にはまって、深夜に作り続けてしまった…。忙しいのに(笑)
ありがちな技法の割には、やっぱり素材の選び方でいいものができる。手書き線とか、粒子の粗い写真なんかが特にいい感じかな。結構グロテスクな写真も、整理されるからか、悪くない。ちょっとパンクっぽい音の入った、打ち込み系低音エレクトロニカ音楽のジャケットなんかに使えそうと思って、「KAREIDO」というバンドを想定、文字入れてみた。(別にそんな音楽聴いてないけど。笑)でもいつかCDジャケットの仕事はしたいわ。

------------------------------

I was just experimenting Photoshop, and created some Kaleidoscope-like images, just for fun. This technique have been used thousand of times and I was not quite interested in, because most of them are kinda cheesy. But today, I realized that it could be cool enough depends on what materials I pick. I especially liked grainy photo, and hand drawn line images. I thought it would be cool for music label design, for deep electronica punk, or low tone ambient sounds..., or something like that. So, I added "Kareido" type and created mock jacket design. (Even though I'm not big fan of electronica, either punk sounds. haha) Hope you like them. But someday, I really want to involve creating real music label.