2009年5月4日月曜日

My Exhibition "Integration"









4月26日に、今池Plastic Factoryで2回目の個展、「Integration」を開催しました。

来てくれた友達、みんな忙しい中、少し変わった場所なのに来てくれて本当にありがとう!!!!

そして今回のイベントの主催で友達のJohnとBryonyには、この機会を与えてくれて本当に感謝。

いろんな人のおかげで、とってもいい経験になりました。
単純だけど、作品を作る環境があって、それを展示する場所があって、見に来てくれる友達、お客さんがいて、「ああでもない、こうでもない…」と話ができるのは本当に幸せな事なんだと思う。しかも今回はお酒も飲める場所だったしね。ギャラリーでボトル片手にアートについて語り合えるってホントに最高!(^^) 特に今回は色んな国の人がいたからか、本当に色んな質問や意見があって、それをディスカッションできたのは、新しいアイデアというか、考えをもらえました。

最近は似てる方向性の人が周りにいない分1人で籠って制作する事が多いけど、やっぱり意見を聞かないと見えてこないものも多いと思った。コラージュが中心の作品は、過去のと比べると、かなり変化の時期で、まだ自分独自の方向が見えてこないけど、反応が良かったのは嬉しかった。大学も4年のこの時期に、先が全然見えてないのは不安だけど、もうすこしこっちに進んで行こうと思う。写真はクリックで拡大できるから是非見てくださいな。新作はこの先ホームページの方にもにもどんどんアップしていく予定です◎

Sunday, April 26th, I held my one night only, one-man exhibition, "Integration" at Plastic Factory, located in Imaike, Nagoya. First of all, thank you so much for coming, my friends. It was really nice opportunity for me, and of course I enjoyed a lot. Having time to create, having a space and chance to hold an exhibition, discussing with my friends and other visitors, and maybe drinking beer. haha, totally priceless. This couldn't be better. I've been struggling finding my own style of art, and non of my friends creating similar kind of designs to me, so I usually stayed home and creating my works, but because of this exhibition, I realized exposing my works to others is really important. No matter how people take it. This time I could receive a lot of positive feedback, not only Japanese visitors but variety of nationalities, and they truly helped me to get new ideas and thought. I still cannot see what my creative career would be like, in the future, however I will just run foreword until I hit to the next wall. I hope I can find my only style soon.
If you are interested in my works, click photos and see larger images. I will also update my homepage soon as possible.

0 件のコメント:

コメントを投稿